img-1

皮膚科脱毛と脱毛サロンでの施術の違いについて

医療機関で受けることができる皮膚科脱毛と、一般的な脱毛サロンで受けることができる脱毛施術と、一体何が違うのでしょうか。実はこの二つの施術内容、その原理はほとんど同じなのです。


皮膚科脱毛で有名な医療レーザー脱毛、そして脱毛サロンでよく行われている光脱毛、レーザー脱毛は、どちらも特殊なレーザー光を肌にあてて施術を行っていきます。


このレーザー光というのが、ムダ毛に含まれるメラニン色素にしか反応しないようになっているため、肌には一切ダメージを与えることなく、ムダ毛だけをピンポイントで弱らせていくことができるのです。


ただ、皮膚科脱毛の場合、脱毛サロンで行われている脱毛施術に比べるとその出力パワーがより強力に設定されています。

つまり、医療機関で受ける脱毛施術の方が脱毛サロンでの施術に比べて、より高い脱毛効果を得ることができるということなのです。

もちろん、利用する医療機関、脱毛施術の内容によっては多少違いが出てくることもあるかもしれませんが、より確実にムダ毛を処理していきたいという場合には医療機関を利用した方がいいということなのです。


さらに、皮膚科脱毛では脱毛サロンに比べて医療面でのサポートが充実しています。
医療機関ということもあり、万が一、施術によって肌に何かしらのトラブルが起きた時でもその場で治療を受けていくことができます。


さらに医師が処方する薬を使用していくこともできるので、より安全に脱毛を進めていくことが可能になってくるのです。

皮膚科脱毛を利用するとき、医療レーザー脱毛を受けるのであれば施術前から日焼けの対策が必要です。


皮膚の色が黒くても施術できる場合もありますが、火傷を避けるために出力を抑えられてしまうため、脱毛の効果が出にくくなります。

効率的に処理するために、日焼けによって皮膚が黒くなることを防ぎます。


また、毛根にレーザーを吸収させるので、毛根のある状態にしておかなければなりません。

そのため、自己処理で毛抜きは使わないようにします。皮膚科脱毛でニードル脱毛を受けるのであれば、日焼けで皮膚の色が黒くなっていても問題はありません。

この脱毛方法の場合は毛を摘まみ、毛に沿って針を毛穴に入れていくため、ある程度の毛の長さが必要です。
施術を受ける直前に毛を剃ってしまうと施術を受けられなくなってしまうので注意します。
皮膚科脱毛は皮膚に負担のかかる施術なので、肌荒れがあると施術できないことがあります。
カミソリによる自己処理などは皮膚の表面を削り、肌荒れの原因になるため、皮膚の受けるダメージが小さい電気シェーバーなどで自己処理を行います。
皮膚科脱毛でかかる費用は安いものではないため、事前にお金を貯めておいた方が良いです。

医療ローンやクレジットカードの分割払いなどを利用できるため、施術を受ける前に全額用意しておく必要はありません。しかし、全くお金を用意せずに利用すると後になって支払いが困難になり、返済の遅延が続いてしまうと信用情報に傷が付きます。

















関連リンク

img-2

皮膚科脱毛と脱毛サロンでの施術の違いについて

医療機関で受けることができる皮膚科脱毛と、一般的な脱毛サロンで受けることができる脱毛施術と、一体何が違うのでしょうか。実はこの二つの施術内容、その原理はほとんど同じなのです。...

more
img-3

皮膚科脱毛、施術中の痛みについて

より高い脱毛効果を得ることができると話題になっている皮膚科脱毛ですが、実際その施術内容はどのようなものなのでしょうか。基本的に皮膚科脱毛で行われているのは医療レーザー脱毛というものです。...

more